toggle

NEWS

新海誠監督作品2019年カレンダー 発売

新海誠監督主要6作品の『ほしのこえ』 から、『君の名は。』 まで各作品に登場する鉄道が描かれた名場面を使用した2019年版カレンダーが発売開始。

 
一般発売に先がけ、「新海誠展 ―『ほしのこえ』から『君の名は。』まで―」青森会場にて発売。以降、各巡回先の物販スペースでお買い求め頂けるほか、ヴィレッジヴァンガードONLINE STOREでも今後販売予定です。

 
商品名:SHINKAI WORKS CALENDAR 2019
仕様:中綴じ冊子 全16ページ(2ヶ月表示)
サイズ:W220 H310(見開きA3)
素材:紙
価格:1,000円+税

item_432513_ltrim item_432513_ltrim2

青森県立美術館にて『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』開催

2018年11月10日から『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』が青森県立美術館にて開催されます。金沢21世紀美術館に続いての、巡回第10弾となります。
本展覧会は新海誠監督のデビュー15周年を記念し、個人制作の「ほしのこえ」から、最新作「君の名は。」までを完全網羅し、その軌跡と作品を貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像などをはじめ、世界観を体験できる造形物などの展示を通じて、新海誠のアニメーション作品の魅力に迫ります。

『雲のむこう、約束の場所』の舞台となった青森での開催となる本会場では、ヴェラシーラ1/4模型はもちろん、国立新美術館で展示した以来の『雲のむこう、約束の場所』の展示品が全展示されます。また、会期中、展覧会連動企画も実施。館内併設カフェ「cafe 4匹の猫」にて新海作品に登場するネコたちのパネルの展示のほか、JR奥津軽いまべつ駅での駅構内BGMとして『雲のむこう、約束の場所』のメインテーマが放送されます。このほかにも企画が予定されていますので、随時お知らせ致します。

期間

2018年11月10日(土)~12月9日(日)
会期中無休

場所

青森県立美術館
企画展示室

開館時間

9:30~17:00
※入場は閉館の30分前まで 

入館料

一般1,600円(1,400円)、中学・高校生1,200円(1,000円)
※( )は前売券・団体料金。
※未就学児童は無料。
※青森県立美術館の常設展は別途料金が必要です。
※障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
※20名様以上の同時入場により、団体料金で入場できます。

 

詳しくはABA青森朝日放送公式サイト内特設ページをご覧下さい。

『雲のむこう、約束の場所』劇中曲がJR奥津軽いまべつ駅の期間限定駅構内BGMに決定

『雲のむこう、約束の場所』メインテーマが駅構内BGMとして午前9時から午後4時30分まで期間限定で放送されることが決定。青森県立美術館にて開催される『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』との連動企画で、展覧会会期中に実施されます。『雲のむこう、約束の場所』は2004年公開時、劇中にJR津軽線沿線の駅などが登場し青森県内でも話題となった作品です。

【実施期間】展覧会会期中(11月10日~12月9日) 9:00~16:30
【実施場所】JR奥津軽いまべつ駅

展覧会詳細については、ABA青森朝日放送公式サイト内特設ページをご覧ください。

『小説 言の葉の庭』オーディオブック 配信開始

株式会社KADOKAWAと、Amazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.は、オーディオブック版『小説 言の葉の庭』を映画オリジナルキャストでもある入野自由、花澤香菜、前田剛、星野貴紀、小松未可子、平野文による朗読で11月6日より配信開始。主役の2人にスポットをあてて展開された映画版と異なり、6人の登場キャラクターの物語で構成された小説版は、孝雄や雪野の過去や心情やサブキャラクターの視点も加わり、より深く描かれています。映画よりも広くなった『小説 言の葉の庭』の世界観をキャストによる声の魅力と共にお楽しみ頂けます。

この作品は、「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」の第3弾として、オーディオブック版『小説 秒速5センチメートル』(朗読:水橋研二、花村怜美、水野理紗)に続く作品となります。また特設サイトでは、配信を記念して、入野自由さんが小説にしかない印象的なシーンや、雪野役の花澤さんとの収録について語った「独占インタビュー映像」も公開され、映像には収録風景や本作品を体感できる特別サンプル音声も収録しています。

■今後の配信予定作品
・君の名は。Another Side:Earthbound

言


詳細については、「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」Amazon特設ページをご覧ください。

韓国・釜山にて『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』開催

日本でも好評を博している『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』が、12月14日から韓国・釜山にて開催されます。台湾・台北、韓国・ソウル、中国・上海に続いての、海外巡回第4弾となります。

本展覧会は新海誠監督のデビュー15 周年を記念し、主要6作品をメインに、その軌跡と作品を貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像などをはじめ、世界観を体験できる造形物などの展示を通じて、新海誠のアニメーション作品の魅力に迫ります。本会場では、日本や台湾での展示をベースに、韓国独自の展示内容も加わり、作品の世界観に入り込める魅力のある展示となる予定です。

釜山は国際映画祭も開催される映画の街。『君の名は。』が一昨年の釜山映画祭で上映され新海誠監督も訪れた縁のある都市です。韓国での展示はこれが最後になりますので、韓国の皆さま、韓国を訪ねる皆さま、この機会に是非ご覧下さい。

【期間】2018年12月14日~2019年3月3日
【休館日】月曜日(但し、12/24, 12/31, 2/4 は運営)
【場所】釜山BEXCO第二展示場
【開館時間】10:00 〜18:00(入場は17:30まで)
【料金】大人(満19歳以上) 15,000ウォン、青少年(中高生)12,000ウォン、こども(36ヶ月~小学生)9,000ウォン

 

SMT_BUSAN_POSTER (2)

詳しくは展示会詳細ページ(海外)をご覧下さい。 

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP